高価買取を謳う業者よりもマッチングサイトの方が高く売れる

MENU

アマゾンギフト券をより高く現金化することができるのはどこ?

買取業者よりも高い換金率

 

アマゾンギフト券を額面よりも安く買うことができるマッチングサイトではその向こう側にギフト券を高く売りたい人が存在していることになります。

 

マッチングサイトというのは週末に公園などで行われているフリーマーケットと同じようなシステムとなっており、アマゾンギフト券を安く買いたい人と高く売りたい人をつなぐプラットフォームであり、その架け橋となっているのです。

 

このマッチングサイトとは別にインターネット上には多数のアマゾンギフト券買取専門サイトがあることをご存知でしょうか?

 

基本的にアマゾンギフト券は金券ショップでは換金することはできません。

 

ではどこでならアマゾンギフト券を買い取ってもらうことが可能なのかといいますと、オンライン上で営業している買取専門サイトが一般的なのです。

 

アマゾンギフト券の買取専門業者のほとんどが店舗を持たないインターネットだけで買取業務を行っています。

 

そのためパソコンやスマホの操作に慣れていない方には利用することが困難なサービスといえますが、インターネット化した現代ではオンラインだけで利用するサービスがスタンダードとなりつつあるのではないのでしょうか。

 

このようなアマゾンギフト券専門の買取業者でアマギフを換金している方は意外と多くいるのです。

 

では買取業者でアマゾンギフト券を換金しているのはどういった方なのかといいますと、プレゼントされたが使用する予定のないアマゾンギフト券だけではなく、自分のクレジットカードや携帯電話のキャリア決済を使用し購入したギフト券を換金しているのがほとんどとなっています。

 

これはどういうことかといいますと、金券ショップでのビール券の換金はお祝いやお歳暮などでいただいたものを換金することが多くありますが、一部の金券ショップでは「カードでお金」と書かれた看板でクレジットカードのショッピング枠現金化を斡旋しているところもあるのです。

 

つまりこのアマゾンギフト券の買取専門業者というのは実はオンライン上で運営しているクレジットカード現金化であり現金化業者といっても過言ではありません。

 

そのためクレジットカード決済で購入したアマゾンギフト券を買取業者によって現金化していることになります。

 

ではこの買取業者でのアマゾンギフト券の現金化とマッチングサイトに出品し換金するのとどちらの方が高く換金することができるのか比較していきたいと思います。


買取業者とマッチングサイトでの換金を比較

効率的な換金率を比較

 

アマゾンギフト券でクレジットカードや携帯キャリア決済を現金化している方にとって少しでも高くアマギフを買い取ってもらいたいと思うのは必然といえるでしょう。

 

クレジットカード決済によって購入した10万円分のアマゾンギフト券を95,000円で換金できても80,000円にしかならなくても結局は10万円を支払わなければなりません。

 

つまりクレジットカード決済した金額と換金した金額の差額というのはロスであり購入者が負担しなければならない分となってしまうからです。

 

では買取専門業者では実際にどのくらいの買取率で換金することができるのでしょうか?

各買取業者によって買取率に差はありますが現在85%が平均的な換金率の割合となっています。

 

この85%という換金率は高い数字といえるのでしょうか。

 

キャッシュバック特典付の商品を購入するクレジットカード現金化では70%程度であり、街中にあるカードでお金の業者では8割程度の換金率になるのと比べるとアマゾンギフト券を額面の85%で換金できるのは高い水準といえるでしょう。

 

そのためこれまでクレジットカード現金化の方法と比較するとオンラインで利用できるため時間効率も良く高い換金率で利用することができることからショッピング枠の現金化としてアマゾンギフト券が活用されていることはいうまでもありません。

 

確かにクレジットカード現金化の代わりとしてアマゾンギフト券の換金をする方のほとんどが買取業者を利用しています。

 

しかしアマゾンギフト券を現金化することができるのは買取業者だけではありません。

 

アマゾンギフト券の個人間売買ができるマッチングサイトでもアマゾンギフト券を出品することによって現金化することができるのです。

 

ではマッチングサイトでアマゾンギフト券を出品すればどのくらいの割合で換金することができるのかといいますと、時期にもよりますが平均で93%から94%で売ることができます。

 

高い時であれば95%以上も可能で低くても90%で売買取引されているため買取業者よりも確実に高い割合で現金化することができるのです。


マッチングサイトで個人が出品することが少ない理由

 

換金率だけを比較するのであれば買取業者よりも圧倒的にマッチングサイトの方が高い水準となることは間違いありません。

 

そうなりますと自身のクレジットカード決済で購入したアマゾンギフト券をマッチングサイトに出品し現金化した方がもっとも高い換金率で現金化できることになります。

 

しかしながら今のところマッチングサイトよりも買取業者で現金化されているのがほとんどなのです。

 

ではこの換金目的にのアマギフがマッチンサイトに出品されない理由について見ていきたいと思います。

 

買取業者よりも時間がかかるイメージがある

一般的にこのマッチングサイトは個人間売買というよりもアマゾンギフト券専門のオークションサイトのような印象があるのではないでしょうか。

 

ネットオークションというのは時間内に一番高い金額を提示した落札者が商品を購入することができるシステムでありマッチングサイトとは少し違います。

 

ネットオークションの場合、出品から落札まで数日間かかることもありますが、マッチングサイトでは予め提示した金額での取引となるため購入されてから1時間以内には買取代金を受け取ることができるのです。

 

そのためマッチングサイトのスピーディーさは大きな特徴となっているのですが、その認知度はまだ低く時間がかかるイメージがあるため多くの方が利用に至らない要因となっています。

 

悪意を持った利用者が存在する

マッチングサイトというのはあくまでも個人間の売買を仲介しているだけであり、取引は当人同士でしかありません。

 

そのため「購入したギフト券が使えない」や「アカウントに登録済みのギフト券だった」といったトラブルは大変多く起きているのです。

 

ではAmazonで正規に購入したギフト券にもかかわらず、出品したら登録済みのギフト番号だったと購入者が申し出たとします。

 

この場合、出品者と購入者でのテキストや画像でのやりとりが行われることになるのですが、どちらかが非を認めるまでは収束することはありません。

 

出品者・購入者共に落ち度がなければ平行線を辿ることになってしまうのです。

 

これが正規に購入したギフト券を出品しエラーとなってしまう可能性もあります。

 

基本的にはAmazonのアカウントのギフト券の使用履歴などで確認することになるのですが、悪意のある購入者が別のアカウントの履歴を提示すれば実際にどこのアカウントに登録されたかは判断することはできません。

 

このようなトラブルはAmazonでは売買を禁止されているため確認することはできないため、最終的にはどちらかが折れるしかないのです。

 

このシステムを悪用する利用者も少なからず存在しているため必ずしも高く売ることはできないリスクもあります。