アマゾンギフト券を格安購入できるマッチングサイトとネットオークション

MENU

不要なものをオンラインで現金化できるネットオークション

ネットオークション

 

自宅にもう着なくなってしまった洋服や靴がありそれを現金化したいと思ったことはないでしょうか?

 

古着屋やリサイクルショップに持っていけば買い取ってもらうことはできますが、二束三文にしかなりません。

 

ではそういったお店よりも高く現金化する方法はといいますと、ネットオークションに出品するのが最適なのではないでしょうか。

 

現在では

ヤフオク

楽オク

モバオク

といったネットオークションが主流となっており、多くの方が中古品の売買取引が行われています。

 

ネットオークションではショップが出品している商品もありますが、個人の方も多く出品しておりもっとも高い落札価格を提示した方が購入できる「競り」のシステムともなるのです。

 

そのためより多くの方が注目するアイテムを出品すれば定価に近い落札額となることもあり、買取業者に売るよりも高く現金化することができます。

 

そんなネットオークションにもJCBの商品券やアマゾンギフト券が出品されていることがあり売買取引されていますが現在のプラットフォームともいえるマッチングサイトとはどのような点に違いがあるのでしょうか。


マッチングサイトとネットオークションの相違点

ネットオークションとの相違点

 

アマゾンギフト券を安く買いたい人とアマゾンギフト券を高く売りたい人を仲介するという点ではネットオークションもマッチングサイトも目的は同じといえるでしょう。

 

ではこの2つの種類のサイトはどのような違いがあるのでしょうか?

 

基本的なシステム

まずネットオークションはその名の通りオンラインで取引するオークションであり出品されている商品に対しもっとも高い値をつけた落札者が購入する権利を得ることができるシステムとなります。

 

一方、マッチングサイトでは個人間売買という点はネットオークションと同じなのですが、競りをするわけではなく出品者が提示した金額で購入できるフリーマーケットと同じシステムとなっているのです。

 

そのためネットオークションのように落札の締め切り時間のようなものはないため、購入が確定すればすぐにでも現金化することができるため時間効率的には圧倒的にマッチングサイトの方が優れています

 

出品する際の手数料

次にどちらの方法でも共通してアマゾンギフト券の出品者には販売手数料が売り上げから差し引かれることになります。

 

ネットオークションの大手のサイトでは出品した商品が落札されますと落札額の5.4%が手数料として差し引かれるのです。

 

それに対しマッチングサイトでは各サイトによって手数料は異なりますが出品するギフト券の額面の1.99%や0.5%とネットオークションと比較すると圧倒的に安い設定となっています。

 

どちらも購入者には負担はありませんが、出品者は手数料が安い方を好むためマッチングサイトが優位といえることは間違いありません。

安全性

ネットオークションよりもマッチングサイトの方が優れている点が多くあるように感じられるのではないでしょうか。

 

ネットオークションを利用された経験をお持ちの方はわかると思いますが、出品されている商品は画像や詳細な情報を見ることができますがそれに加え出品者の評価などの情報も参考にすることができます。

 

もし過去に悪質な行為をはたらいた出品者であれば履歴や評価からそれを発見することはできますが、マッチングサイトには出品者の情報は一切ありません。

 

そのためどういった方がどこから入手したかわからないギフト券が出品されていることになります。

 

マッチングサイトの中には購入後の保証を行っているサイトもありますが全部ではありません。

 

もしマッチングサイトで安く購入したアマゾンギフト券が使えなくなってしまったら泣き寝入りするしかないのです。

 

ネットオークションにも詐欺が潜んでいることは否めませんが、出品者が不透明なマッチングサイトよりは安全なのではないでしょうか。