アマゾンギフト券だけにしかない利用価値と特徴

MENU

Amazonで買い物ができるギフト券の利用価値の高さ

amazonギフトカード

 

お金をもらって困る人はまずいないでしょう。

 

しかし現金をプレゼントするというのは商品券やギフトカードで贈るというのが日本のしきたりなのではないでしょうか。

 

もちろん「抽選で現金プレゼント」というのもありますが、やはり現金以外のものが断然多いような気がします。

 

その昔には図書券やビール券・テレホンカードが主流となっていましたがその後、QUOカードなどになりました。

 

そして現在ではどのようなものが賞品や景品として活用されているのかといいますと「アマゾンギフト券」が圧倒的に多く使用されています。

 

では多くの金券類や電子マネーの中から企業のインセンティブなどでアマゾンギフト券が利用されているのでしょうか?

それはアマゾンギフト券がAmazonで販売されているすべての商品を購入できる利用価値の高い商品券だからです。

 

Amazonはもともとオンラインで書籍を販売するECサイトとして今から20年ほど前に始まりましたが、その後映画や電子書籍のダウンロード販売も開始し今では一億種類以上の品揃えを誇る日本国内最大のオンライン通販サイトとなりました。

 

そんなAmazonでお金と同様の価値で買い物することができるギフト券は非常に利用価値が高いことは間違いありません。

 

Amazonでは家電製品から食料品までありとあらゆる商品が販売されており、それを購入することができる商品券となればその他の商品券よりも優れているといえるでしょう。

 

そのため現在ではさまざまなキャンペーンの特典や景品としてアマゾンギフト券が活用されており、その流通量は電子マネーのなかでも最大なのです。


一般的な商品券にはないアマゾンギフト券の特徴

amazonギフトの特徴

 

アマゾンギフト券はAmazonで買い物ができるため利用価値の高いギフト券ということは間違いありません。

 

ただそれだけではクレジットカード会社の発行している商品券と価値の高さはかわらないのではないでしょうか。

 

これまでJCBなどの商品券がプレゼントされるキャンペーンなどありましたが、そういった類のものは今ではアマゾンギフト券一色になっています。

 

多くの企業は経費を費やしキャンペーン等で宣伝広告を行っているのです。

 

では一般的な商品券からアマゾンギフト券に移り変わったのはどのような理由からなのでしょうか?

商品券やQUOカードの場合、ユーザーに発送する必要がありますがアマゾンギフト券はメールアドレス宛に送ることができる特徴があるからです。

 

これはどういうことなのかといいますと、商品を送るためには少なからず送料が発生することになります。

 

企業のキャンペーンともなると大量の商品を送ることになるため送料も必然と大きくなってくるのです。

 

その点、メールで送ることができるアマゾンギフト券は実質的に送料無料といえるでしょう。

 

これが企業のキャンペーン等でアマゾンギフト券が採用されている理由なのです。

 

アマゾンギフト券などの電子マネーはメールで送ることができる特徴があり、「送料が必要ない」という大きなメリットといえますがデメリットとしては一般的な商品券のように金券ショップでは換金することができません。

 

確かにアマゾンギフト券もAmazonで買い物ができる金券類といえますが、商品券のような物質的な存在はありません。

 

そのため商品券のように券を紙幣のように使用するのではないためたとえカードタイプのギフト券であっても換金することができる金券ショップはほとんどないのです。

 

しかしながら実際の店舗でアマゾンギフト券などの電子マネーを扱っているところはありませんが、WEB上には数多くの買取専門サイトや個人間売買を斡旋する仲介サイトもありそこでなら問題なくアマゾンギフト券を現金化することが可能となります。