有効期限内にアマゾンギフト券を使用しなければ無効となる

MENU

金券類には有効期限があるものとないものがある

商品券の有効期限

 

商品券やビール券などの金券類というのは本来、贈答用のギフト券です。

 

商品券をもらった相手はお金の代わりにそのお店で買い物をすることができるため間接的にお金のようなものをプレゼントしていることになります。

 

これは金券類を利用するユーザーの意見ですが、では金券類を発行している運営会社は金券類をどのように捉えているのでしょうか?

 

商品券が売れることによって商品が購入される前に売り上げがあります。そして商品券は発行元の会社でしか使用することはできません。

 

つまりギフト券を発行している会社の販売促進に繋がる効果的な商品なのです。

 

ではこの売り上げに効果的な商品券をさらに活性化するにはどうしたらよいでしょうか?

それは商品券に有効期限を設けることによってさらに販売を促進させることができるのです。

 

商品券には有効期限のあるものとないものもがあります。

 

有効期限のない商品券は使用するまで半永久的に利用できますが、有効期限のある商品券は期限を過ぎてしまえば無効となりただの紙切れでしかありません。

 

では今、もっとも利用されているアマゾンギフト券には有効期限があるのでしょうか?


アマゾンギフト券の有効期限は種類によって分類される

アマゾンギフトカード

 

誕生日プレゼントやお祝いなどでアマゾンギフト券をもらう機会は少なくありません。

 

Amazonで販売されているEメールタイプのギフト券を直接贈ってもった場合にはメール内に有効期限が記載されていますが、コンビニなどの店頭で販売されているカードタイプのアマゾンギフト券には有効期限は記載されていません

 

そのためプレゼントされた相手に有効期限を尋ねることはできず、いつまでの有効期限があるギフト券なのかは判断することはできないのです。

 

ではアマゾンギフト券にはどのくらいの有効期限があるのかといいますと、個人で購入するEメールタイプやカードタイプのアマゾンギフト券は基本的に1年間の有効期限となっています。

 

これはギフト券が発行された日から1年間ということになりEメールタイプで送信日を指定した場合には送信された日から1年間となるのです。

 

コンビニのマルチメディア端末から発行されるシートタイプのギフト券だけは例外となっており、3年間の有効期限となっています。

 

これは個人で購入することができるタイプのギフト券の有効期限ですが、もう一つの例外として法人によるインセンティブや謝礼として使用されているアマゾンギフト券があるのです。

 

最近ではお小遣いサイトやポイントサイトでもアマゾンギフト券に交換することができるようになりました。

 

このように法人が大量に注文することができる専用のアマゾンギフト券の場合、2年間の有効期限となっているのです。

 

アマゾンギフト券の有効期限は原則的に1年間ですが例外の場合、シートタイプの3年間と法人専用の2年間のものもあります。


アマゾンギフト券の有効期限を確認する方法はある?

有効期限の確認方法

 

「せっかくいただいたアマゾンギフト券の有効期限が切れていた!」

 

こんな経験をしてしまう可能性があるかも知れません。

 

そんな悲しい思いをする前にギフト券の有効期限を事前に確認したほうがよういでしょう。

 

ではアマゾンギフト券の有効期限を調べる方法というのはあるのでしょうか?

有効期限の確認方法はアカウントに登録することによって調べることができます。

 

アマゾンギフト券の使い方はアカウントにギフト番号を登録し買い物する際の支払いに使用することができます。

 

そのため買い物の金額がギフト券では足りなければその他の支払い方法で補填することもできますし、ギフト券の方が多ければおつりではなく残高として次回の買い物に使用することができるのです。

 

アマゾンギフト券の有効期限というのはアカウントに登録した時点で期限がなくなるわけではなく、買い物の支払いで使用するまでの期限となります。

 

したがってアマゾンギフト券で買い物をしても残った残高には有効期限があり、期限内に使用しなければ無効となってしまうのです。

 

そのためアマゾンギフト券をアカウントに登録した後でも有効期限をチェックする必要があります。

 

アカウント内で有効期限の確認

 

しかし格安で販売されているアマゾンギフト券というのはアカウントに登録される前の状態のギフト券です。

 

マッチングサイトではアマゾンギフト券を出品する際に

  • 額面
  • 販売価格
  • ギフト番号

 

に加え有効期限も記入しなければなりません。

 

Eメールタイプや印刷タイプのギフト券であれば有効期限を確認することができますが、カードタイプの場合には有効期限がわからないこともあります。

 

そのために有効期限な不明なギフト券でも虚偽の有効期限が入力され出品されていることもあるのです。

 

したがって購入したアマゾンギフト券の金額を確認したところ問題はなかったがすでに有効期限切れのギフト券だったというケースもあります。

 

ではこのように売買されるアカウントに登録前のアマゾンギフト券の有効期限を確認する方法はないのでしょうか?

アカウントに登録する以外でアマゾンギフト券の有効期限を調べる方法はAmazonのカスタマーサポートに問い合わせるしかありません。

 

Amazonのカスタマーサポートでは詐欺などの犯罪性のあるギフト券でなければ対応してくれます。

 

もしアカウントに登録していないギフト券の有効期限を確認する場合には0120-999-373に連絡すれば確実に有効期限がわかります。


有効期限切れのアマゾンギフト券を延長する裏ワザ!

有効期限切れのギフト券の延長

 

普段からAmazonで買い物をしている方にとってはアマゾンギフト券は現金と同じように支払いに使用するでしょう。

 

一方、あまりネットショッピングを利用しない方やAmazonではなく楽天市場やYahooショッピングを利用している方にはあまりアマゾンギフト券を使用することはありません。

 

そのためせっかくもらったアマゾンギフト券の有効期限を確認することなく期限が過ぎてしまい無効となることもあるのです。

 

これは本当にもったいないことといえるでしょう。

 

なかには「あと1週間早く気付いていればまだ使えていたのに」というケースもあります。

 

このようなケースでもAmazonは柔軟な対応をしてくれることをご存知でしょうか。

 

実はAmazonでは有効期限切れのギフト券を延長してくれる裏ワザが存在するのです。

 

最近ではこの裏ワザを紹介するサイトが増えており、知っている方が増えていますがあえてアマギフ安い値でも解説していきます。

 

この裏ワザを利用するために必要なのは

  • Amazonのアカウント
  • 有効期限の過ぎたギフト券

だけあれば誰にでもできます。

 

まず、Amazonのカスタマーサポートに連絡し事情を説明します。

 

この際にAmazonのアカウントの詳細な情報が必要となり細かく問われることになるのです。

 

次に手元にあるギフト番号を伝えればその日から1年間の有効期限と延長されます。

 

しかしこの裏ワザにはある条件が存在するのです。

 

まず一度有効期限の延長をしたアカウントでは再度延長が認められません

 

これはあくまでも救済的な措置であり何度も利用することはできないからです。

 

そしてもうひとつ有効期限が切れて1年以上経過しているギフト券はシステム上延長はできません

 

こちらも基本的にはうっかり有効期限が過ぎてしまったギフト券の延長は可能ですが1年も時間が空いたギフト券には有効ではないという意味でしょう。

 

確かに条件はありますがAmazonのカスタマーサポートのスタッフは比較的親切に対応してくれます。

 

そのためもし有効期限が過ぎてしまったアマゾンギフト券をお持ちの方はカスタマーサポートに問い合わせてみるとよいでしょう。