売買されるアマゾンギフト券の中には詐欺によって騙し取られたものもある

MENU

アマゾンギフト券を詐取する架空請求詐欺が急増している

架空請求詐欺によるアマゾンギフト券

 

「有料コンテンツの利用料金が未納」という内容のメールが突然送られてきた経験がある方は少なくないでしょう。

 

このようなメールには連絡先となる電話番号が記載されており、至急連絡するよう記載されています。

 

大半の方は有料コンテンツの利用に心当たりはないため、不審なメールは無視するでしょう。

 

ところが身に覚えのない請求であっても、潔白を証明するために連絡先に電話をかけてしまう人もいるのです。

 

すると「料金をお支払いいただけないのであれば訴訟を起こし裁判で争う」と告げられ、利用料金を支払ってしまう方は少なくありません。
請求される料金は未納分の5,000円に加え顧問弁護士費用として70,000円をコンビニで販売されているアマゾンギフト券で支払うよう命じられたのです。

 

一般的に利用料金の請求は銀行振込などの現金による支払いとなりますが、有料コンテンツの未納料金は電子マネーとなるアマゾンギフト券で請求されます。

 

これに不信感を抱くことができれば事なきを得ることになるでしょう。

 

しかし「この料金を支払えば裁判にならずに済む」と思えばコンビニでアマゾンギフト券を購入し支払うことを選択してしまうのです。

 

そして一度、アマゾンギフト券で支払ってしまうとまた別の名目で料金を請求され続けることになります。

 

その後、ようやく架空請求による詐欺ということに気付くことになりますが、もうすでに高額な請求を支払ってしまった後であり騙し取られたアマゾンギフト券使用済みとなっており取り戻すことはできません。

 

最近でこのような現金ではなくアマゾンギフト券などの電子マネーで請求をする詐欺の手口が急増しているのです。


なぜ現金振込ではなくアマゾンギフト券を詐取するのか?

現金振込ではなくアマゾンギフト券

 

詐欺の手口がこれまでの現金振込ではなく、コンビニで販売されているアマゾンギフト券が悪用されるようになったのでしょうか?

アマゾンギフト券は換金性の高い電子マネーであり、ギフト券番号という文字を伝えることによって価値を移動することができる特徴があるため「ギフト券番号を聞き出す」という手口で詐取されているのです。

 

詐欺グループは犯罪ということを理解しながらも摘発されないよう金品を騙し取らなければなりません。

 

これまで常套手段となっていた銀行口座への振込はさまざまな対策が施され、詐欺の疑いのある銀行口座はすぐに凍結されるようになりました。

 

そのため銀行振込以外の手段で金品を詐取する必要があったのです。

 

そこで登場したのが

  • 日本全国どこにでもあるコンビニで購入可能
  • 換金性の高い電子マネー
  • ギフト券番号を聞くだけで利用権利を移動可能

 

といった特徴のあるアマゾンギフト券などの電子マネーなのです。

 

そして電子マネーで利用料金を支払う名目によってアマゾンギフト券が架空請求詐欺に騙し取られる被害が相次いでいます。

 

では詐欺によって騙し取られたアマゾンギフト券はその後、どうなってしまうのでしょうか?


詐取されたアマゾンギフト券は買取業者で現金化される

アマゾンギフト券は現金化される

 

アマゾンギフト券を換金したいと思う方は少なくありません。

 

なぜならアマゾンギフト券はAmazonで買い物をすることはできますが、それ以外には使い道はなく現金化したいと考える方はいるのです。

 

これは架空請求を行っている詐欺グループも同様にアマゾンギフト券を現金化しています。

 

ではどのようにアマゾンギフト券を換金しているのかといいますと、買取専門業者に依頼しアマゾンギフト券を換金しているのです。

 

買取業者は換金する相手が詐欺かどうか見抜くことができるかといいますと、まず不可能でしょう。

 

本人確認のための身分証明書の提示は必須となりますが、そこまで厳しい内容ではなく銀行口座の名義と身分証明書の名義が一致しているかを確認するだけでしかありません。

 

そのため詐欺グループが事前に用意した架空名義の身分証明書と銀行口座があればアマゾンギフト券を現金化することは可能なのです。

 

では架空請求によって詐取されたアマゾンギフト券が買取業者によって換金されました。

 

そのアマゾンギフト券はその後、どこに行くことになるのでしょうか?

 

実は買取業者の半数以上は個人間売買となるマッチングサイトでアマゾンギフト券を出品しているのです。

 

したがって格安で出品されているアマゾンギフト券のなかには詐欺に騙し取られたものが混じっている可能性があることになります。

 

もしこの架空請求詐欺によるアマゾンギフト券を購入してしまった場合、どうのような顛末が待っているのでしょうか?


詐欺によるアマゾンギフト券を購入してしまうと・・・

詐欺の被害品となるギフト券の購入

 

マッチングサイトでアマゾンギフト券を購入するためには事前にお金を入金する必要があります。

 

そして入金した残高を使用して格安で出品されているアマゾンギフト券を購入することができるのです。

 

基本的にマッチングサイトでの購入では悪事を働くことはできません。

 

そして出品者側にもギフト券が有効か無効か判断されるため、無効のアマゾンギフト券だった場合にはエラーとなります。

 

つまり不正な取引というのは原則的にないシステムとなっているのですが、この架空請求詐欺によって詐取されたアマゾンギフト券は例外なのです。

 

なぜなら詐欺によって騙し取られたアマゾンギフト券は被害が発覚するまでは問題なく使用することが可能となります。

 

しかしながら被害者が警察やAmazonに通報することによってアマゾンギフト券はロックされるのです。

 

このアマゾンギフト券がロックされるタイミングはいつか決まっていないため、数日後か数ヶ月後になるかまったく判断することはできません。

 

もしもマッチングサイトで購入したアマゾンギフト券が突然ロックされてしまったら、それは架空請求詐欺によって奪われたアマゾンギフト券という可能性もあるのです。

 

現在、このような詐欺被害となるアマゾンギフト券は数億円分は流通しているでしょう。

 

これを回避する手段というのは今のところありませんが、詐欺のアマゾンギフト券が混入していることを踏まえたうえで購入するようにしましょう。