アマギフを格安で購入したらすぐに登録しなければ危険

MENU

格安で購入したアマギフをすぐアカウントに登録する理由

amazonギフト登録

 

安い時であれば10%以上も格安でアマギフを購入することができるマッチングサイトですが、いくつか注意しなければならない点があります。

 

確かにアマギフを格安で購入することができれば実質的にAmazonで買い物する際に安く購入することができますが、そのアマゾンギフト券が必ずしも安全なものとは限らないのです。

 

額面よりも安く販売されているアマギフは基本的にカードタイプやシートタイプであったとしてもギフトコードと呼ばれる14文字で構成される英数字の羅列でしかありません。

 

中古のアマギフの売買取引はこのギフトコードによって行われることになるのですが、格安販売されるアマギフはすでに開かれている状態で取引することになるのです。

 

アマゾンギフト券の使い方はギフトコードをアカウントにチャージすることによって買い物代金の支払いに使用することができます。

 

自分自身で購入したギフト券であればギフトコードは自分自身のみしかわかりませんが、格安で販売されているアマギフの場合、出品者は販売主はギフトコードを把握していることになるのです。

 

そのためマッチングサイトや販売専門サイトで格安購入したアマゾンギフト券がその後登録されてしまう可能性は否めません。

 

これが格安で購入するアマゾンギフト券の最大の注意点といえるでしょう。

 

ではどのように対処すればよいのかといいますと、販売専門サイトで購入する際には先に買取代金を振り込まなければならないため回避することはできませんがマッチングサイトの場合、ギフト券を購入するボタンをクリックしてからそのギフト券が問題のないものかを判断する時間が設けられています。

 

その時間内に問題なければアカウントに登録すれば、第三者に登録されることは回避できるのです。

 

もしマッチングサイトでアマギフを購入したが登録をしないまま時間が経過してしまうと取引が確定した後に、出品者がアカウントに登録しても文句をいうことはできません。

 

マッチングサイトでアマゾンギフト券の購入をお考えの方は必ずすぐにアカウントに登録することをお勧めします。


アカウントに登録してもまだ危険が潜んでいる

アカウントに登録するだけではダメ

 

アマゾンギフトに有効期限があることはご存知かと思いますが、この有効期限はアカウントに登録すれば期限がなくなるわけではありません。

 

アカウントにアマゾンギフト券を登録しても有効期限は存在しており、期限内に使用しなければそのギフト券は無効となってしまうのです。

 

新規で発行するギフト券の場合、タイプにもよりますが原則的に発行から1年間の期限となります。

 

しかし格安で販売されているアマギフはすでに発行されているギフトコードのため1年未満しかありません。

 

この有効期限が過ぎてしまえば当然使えないギフトコードとなるのですが、実はそれ以外にもギフト券が使用できなくなってしまう可能性があるのです。

 

まず一度アカウントに登録したギフトコードはそのアカウント内で使用するしかできません。

 

つまり別のアカウントに登録することはできないため盗まれてしまうことはないのです。

 

ではどんな場合に登録したギフト券が使えなくなってしまうのかといいますと、Amazonによるギフト券のロックおよびアカウントの利用停止となるケースがあります。

 

これはどういうことなのかといいますと、マッチングサイトで出品されているギフト券の中には詐欺によって被害者から騙し取られたものも混入している可能性があるのです。

 

マッチングサイトの新規会員登録は難しいものではなく一般的な個人情報さえあれば簡単に利用することができます。

 

そのため詐欺グループが架空の銀行口座や身分証明書を使用しマッチングサイトでアマゾンギフト券を現金化していることもあるのです。

 

そして詐欺グループが出品するギフト券を購入してしまった場合、Amazonがギフト券を使用できないよう制限をかけアカウントを停止する措置をとることになります。

 

Amazonはギフト券再販や譲渡を禁止しており、Amazonが認めていない不審なサイトからギフト券を購入したと判断するためアカウントが使用できるようになることはないでしょう。

 

マッチングサイトでは取引する相手の概要はまったくわかりません。

 

つまりこの部分を回避することはできないのです。

 

マッチングサイトでは大量の電子マネーが出品されていますが、安く購入できる分、少なからずリスクを背負うことになることは避けられないことになります。