アマゾンギフト券を販売するさまざまな購入サイトを比較

MENU

アマゾンギフト券がもっとも多く購入されているのはAmazon

amazon.co.jp

 

アマゾンギフト券はAmazonで使用することができる商品券です。

 

つまりAmazon以外では使用することはできません。

 

デパートが発行する商品券もそうですが、デパートで購入することは当然可能です。

 

ではデパートの商品券がデパート以外の場所で販売されているかといいますと、あまり思いつかない方がほとんどでしょう。

 

それと同じようにアマゾンギフト券を購入できるサイトとして思い浮かぶのは圧倒的にAmazon.co.jpとなるのです。

 

現在ではAmazonは国内最大のオンライン通販サイトとして多くの方が利用しており、大抵の方はAmazonのアカウントを取得しているのではないでしょうか?

 

そのためアマゾンギフト券がもっとも多く購入されているのはAmazonということは間違いありません。

 

ではAmazonで販売されているギフト券について検証していきます。

 

ギフト券のタイプ

Amazonで販売されているギフト券は大きく2つのタイプに分類されています。

 

メールや画像を印刷するような実際に商品を配送する必要がないデジタルタイプと、カードを送る配送タイプがありこの違いから解説していきます。

デジタルタイプ
  • Eメールタイプ
  • PDF印刷タイプ
  • チャージタイプ

アマゾンギフト券を相手のメールアドレス宛に送ることができるEメールタイプのギフト券はいくつものタイプの中でもっとも優れた特徴といえるでしょう。

 

PDF印刷タイプはEメールタイプと同じようにメールアドレス宛に送りプリンタで印刷することができます。

 

そしてチャージタイプはプレゼント用のギフト券ではなく直接自分のアカウントに登録されるもので自分で使用するために販売されているギフト券となるのです。

 

このデジタルタイプの特徴は商品を送る必要がないため送料がかからず、時間的な効率にも優れているタイプのギフト券となります。

配送タイプ

一方、配送タイプのギフト券はコンビニなどで販売されているカードタイプのギフト券となります。

 

購入の際に相手の住所に直接送ることもできますが、自宅に送り直接手渡しすることも可能なタイプのギフト券です。

  • ボックスタイプ
  • グリーディングカードタイプ
  • 封筒タイプ
  • マルチパック

配送タイプの種類はいくつかありますが基本的には中身はカードであり、包装の違いでしかありません。

 

そのため相手の好みのタイプを選んで贈るとよいでしょう。

 

ギフト券の購入方法

Amazonで販売されているギフト券の特徴としてはデジタルタイプのギフト券はクレジットカード決済でしか購入することができません

 

そのため代金引換やコンビニ決済での購入は配送タイプを選択することになるのです。

 

このクレジットカード決済で購入できるのは基本的にAmazonだけとなるため多くの方がAmazonで購入しています。


携帯キャリア決済で購入ができるPINCOM

PINCOM

 

今、新しい形の資金調達方法として注目されているのがクレジットカードのない方でも現金化することが可能な携帯キャリア決済による現金化です。

 

この携帯キャリア決済の現金化に必要不可欠な存在となっているのが、携帯キャリア決済でアマゾンギフト券を購入することができるPINCOMという販売サイトとなります。

 

PINCOMは電子マネーのパイオニアともいえるウェブマネーが運営しているサイトであり、アマゾンギフト券以外にも

  • ニンテンドープリペイド
  • プレイステーションストアカード
  • wiiプリペイド

といったゲーム関係の電子マネーをキャリア決済でも購入することができます。

 

PINCOMは携帯キャリア決済でのアマゾンギフト券を購入することができますが、実はクレジットカード決済でも購入が可能なのです。

 

そのためAmazonのアカウントがない方でもクレジットカードにてアマゾンギフト券の購入ができるのですが1枚のギフト券上限が5万円までとなっているため少額での購入しかできません。

 

そのためPINCOMで高額のギフト券を購入することはできないため、高額や大量のギフト券の購入はAmazonを利用したほうがよいでしょう。


電子マネーで購入可能なビットキャッシュ

ビットキャッシュ

 

アマゾンギフト券は金券類でありAmazonの商品券となり基本的には現金での購入もしくはAmazonでのクレジットカードでの購入しかできません。

 

どの商品券でもそうですが、商品券で異なる商品券を購入することはできないのですが実は電子マネーでアマゾンギフト券を購入することが可能なのです。

 

現在では「電子マネー」というと電車を乗るときに切符を買わずに改札を通ることができるsuicaやPASMO、コンビニで買い物ができるnanacoや楽天Edyが特に浸透しているように感じますが、オンラインゲームの購入に使用するウェブマネーやビットキャッシュが先駆けとなります。

 

ウェブマネーはPINCOMによる携帯キャリア決済の販売を行っていますがウェブマネーではアマゾンギフト券を購入することはできません。
しかしビットキャッシュではアマゾンギフト券を購入することができるため唯一アマゾンギフト券を購入できる電子マネーとなるのです。

 

現在、ビットキャッシュで販売されているアマゾンギフト券は

  • 500円
  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

の6種類の金額のギフト券しかありません。

 

確かに電子マネーでアマゾンギフト券が買えるビットキャッシュは画期的なのですが、最大で1万円までしか購入できない点が改善点といえるのではないでしょうか。